公開講座詳細

講座番号:12

一般向け講座
こわくてゆかいな漢字1
古代文学を楽しもう
募集期間 平成30年2月13日(火)~平成30年3月16日(金)
実施日時 平成30年4月12日(木)~平成30年7月19日(木)
講座概要 漢字は古代と現代をつなぐタイムカプセルです。最も古い漢字である甲骨文の形から、古代人の考えや感じ方が見えてきます。
私たちが、なぜ神社で手を合わせるのか、そのような慣習の原点を漢字を通して紐解いていきます。
漢字をめぐる温故知新は私たちに懐かしい心の故郷を見せてくれます。
講師 出野文莉(張莉)(美術教育講座)
受講対象 一般市民
講習料 7,560円
定員 30名
開講場所 天王寺キャンパス
持参物 筆記用具、テキスト『こわくてゆかいな漢字』二玄社出版・張莉著
備考


日時 時間 内容
1 4月12日(木) 15:00~16:30 ガイダンス、甲骨文・金文・小篆・古文の説明
2 4月26日(木) 女の眉と夢はおそろしい
3 5月10日(木) 「美」は肥えた羊の味
4 5月24日(木) 美味の謎を解く
5 6月7日(木) 神も酒に酔う
6 6月14日(木) 神がにおう香り
7 7月5日(木) 「愛」と「幸」
8 7月19日(木) 古俗の中で蘇る漢字−「西双版納」倭人の源流を訪ねて−

申込みフォームはこちら

FAX申込みはこちらから申込み用紙をダウンロードしてください。

ダウンロード

PDFを読むには専用ソフトが必要です。
こちらから専用ソフトを入手してください。

ページトップ